闇金の嫌がらせを終わりにするには

借入をする際は大手の消費者金融の場合は信頼性も高く、安心して利用できると言えますが、中小の業者から融資を受ける場合は、中には闇金と呼ばれる業者が混じっている場合もありますので、よく確認して安心して利用できる業者を選びましょう。

悪徳業者と知らずに取引してしまう、他に借入できる業者が見付からなかったという場合に闇金を利用してしまう人もありますが、こうした業者に借りて返済が送れたり、返済することができなくなった場合は電話や取立てなどの嫌がらせが起きる場合もあります。

嫌がらせを終わりにするためには完済して取引をやめることが大事ですが、こうした業者は高額な利息を要求することでも知られており、返済していてもなかなか完済できないという場合もあります。

できるだけ早く嫌がらせを終わりにしたい場合は弁護士などの専門家に依頼することも考えてみましょう。
専門家が介入してくれることで、より早く問題が解決でき、闇金とも縁を切れるようになります。

息子が闇金に手を出してしまった

知らない間に息子が闇金に手を出してしまい、家族にも催促が来ているということで悩まれている方も少なくはありません。本来、債務は保証人になっていなかったり、相続していないのなら、家族でも責任を負う義務はありません。
しかし、闇金はそんな法律など気にしないので、家族にもバンバン催促をしてきます。
さて、不安も大きいでしょうが、こういった場合は返済に応じてはいけません。そもそも闇金自体が違法業者なので、法律上では借入契約は無効、つまり返済する必要はないということになります。
ただ、大半の方は脅しに屈して支払ってしまうことになるのですが、こうなると悪循環を招き、良い結果を得られることは少ないでしょう。そこで対策としては弁護士に相談をすることをおすすめします。
素人が一人で闇金業者とやり取りをするのは非常に危険ですので、専門家の力を借りましょう。その上で、警察に連絡してもらい、摘発に動いてもらうことも可能です。

闇金のわかりやい特徴ってあるの?

お金を借りるときは、突然の場合は誰でも慌てていることがあります。
しかし、そんなときでも間違って闇金を利用すると大変なことになります。
まず、闇金がどうか見極めるにはその特徴を日頃から知っておくと大丈夫です。
町中の電柱や壁などに、貼り紙をして連絡先が固定電話ではなく携帯電話の場合は100%と闇金です。
今の法律では貸金業をする場合には、連絡先は携帯電話ではなく固定電話することは義務付けられれいます。
また、貸金業には認可された証としての登録番号が必要です。
最近はこの登録番号を偽造しているところがあるので、登録番号があるから安心とはいえません。
そして、名称を大手の金融機関と関連があるように似せた名称にしています。
この場合は、その大手側に連絡をして問い合わせることで関連がないことを確認できます。
初めてでも、1,000万円まで融資と甘い言葉が並んでいるときは闇金になります。
通常の消費者金融などでは、社会人で他に借入がなくても限度額は50万円程度になります。

闇金トラブルを息子から相談された

息子から久しぶりに連絡があったと思ったら急に相談があると言われたんで
どうしたのかと思ったら闇金についての相談で大変驚きました。
独り立ちして、都会でしっかりやっていると思っていた矢先にこれですからね。
もちろん、社会人になりたての今の若い世代の収入がとても心もとないというのは
わかりますが、ついつい、それだけでは遊ぶお金が足りないということで
消費者金融、いわゆるサラ金に手を出してしまったらしいんですね。
そして、一度借りたらそのあとはずるずると…当然、返済するお金は
利息の分だけ多いわけですから、すぐに返済に困るわけですよ。
その時点でこちらに相談してくれればいいものを、黙って闇金融から
お金を借りて、そちらも滞納して暴力的な取り立てにあってようやく、
こっちに連絡してきたっていうわけです。
もちろん、私達にお金を借りたいということですね。
息子が借金したお金を一括で返済できるくらいの蓄えはあるつもりですが、
こういった借金問題は借金を肩代わりしてしまってはまた同じ問題を
繰り返してしまうというのは私の親戚関係でも同じように借金を何度も
繰り返して結局、最終的にはまわりに見捨てられて、自己破産することになった人がいますので
息子自身に問題の解決をさせるほかありません。
まあ、いきなり債務整理をするとなると、息子の将来においての
信用がなくなってしまいますからそれもどうかとは思いますが、
闇金融に借りているということで、違法な高額の金利をとられているわけですから
支払い過ぎた過払い金がどれだけあるのかということをちゃんと調べないといけませんよね。
まあ、こういったことを調べたり、また、過払い金があったとしたら
過払い金返還請求をしたりするのには法律について素人である息子や私達が
やろうと思っても無理がありますから、当然、法律事務所に相談して
弁護士や司法書士などといったプロに案件を依頼するのが一番だと思います。
まあ、息子に対してこれでも甘いと言われるかもしれませんが、
その法律のプロに相談する費用は出してあげるから、闇金相談に行って来なさいと言っておきました。
まあ、闇金業者相手ということでどこまで上手く話しがまとまるかはわかりませんけどね…。
しかし、そういった闇金対策専門で仕事をしている法律家もいるらしいので
そういうところを選べばうまくことをおさめてくれるんじゃないでしょうか。
こっちはもうすぐ娘が出産ということであんまり息子に付き合ってばかりもいられないんですよね。

お金貸してくれって借金の相談は友だち無くすわ

友達から借金の相談があるって言われた時は「オススメの消費者金融ってある?」
みたいな感じで気軽に考えていました。
私自身、給料日前とかのピンチなときはたびたび消費者金融を利用していましたし
たぶん、普通の人よりかは借金に対して抵抗がない状態でしたしね。
それが、まさか自分に「お金を貸してくれ」って言ってきてるんだってわかってびっくり。
だって、私がちょくちょくお金を消費者金融のカードローンでキャッシング
してるっていうのをこの人も知っているわけですから。
たっぷり貯金してるって人にならともかくとして、こんな頻繁にお金を
借りてるようなカツカツなやつにとても人に貸せるお金があるはずないじゃないですか。
びっくりして聞いてみたら、実は、友達は周囲には黙ってはいたけれど
私以上にお金を消費者金融から借りていて、とうとう、限度額いっぱいにまで
借りきってしまい、ただそうなっても返済に困ってお金を用意しなければ
いけないっていうんで、お金ないのを承知で自分に頼み込んできたらしいんです。
お前なら、まだ限度額いっぱいとかにはなってないだろうって。
いやいや、確かに自分もお金をよく借りてはいるけれど、それは
ちゃんと自分の収入で返済できる計画的なご利用ってやつをしてるだけであって
計画もたてれないやつに貸せるお金はない、そもそもそのお金は返ってくるの?
って言って、結局、その後、友達が逆ギレしてしまい、ほぼ絶縁状態になってしまいました。
いやさ、「お前のこと友達だと思ってたのに!」なんて言われても正直
友人間でのお金の貸し借りは無理だからさ…。
逆の立場だったら、こんなふうに自分も友達に頼るんだろうか?って
考えてもみたんですけど、やっぱりその場合でも、友達に迷惑はかけられないってんで
たぶん、自分自身でなんとかしようと思ったと思います。
素人に相談するよりも、法律のプロに相談したほうが、うまく借金問題に
対処できるだろうとも思いますから、弁護士かなんかに相談に行くかな。
もちろん、債務整理っていうことになると、借金をチャラにしてもらったり
減額してもらったりする反面、デメリットだってあるわけですが、
結局、悪いのは借金を返済できない自分なんだから、デメリットを受ける
覚悟くらいつくとおもうんですけどねぇ…。
結構長い付き合いの友達だったんでショックはショックだったんですが、
人間的に信頼できないって思ってしまったんで、この絶縁状態は
かえってよかったのかもしれませんね…いっしょにいたらこっちもそのうち
トラブルに巻き込まれるとこだったかもしれませんし。

生活費が足りずに闇金に。。。

借金のことが夫にバレてしまい、ちょっと今大ピンチです。
もともとのキッカケは生活費がカツカツでやっていけない月があって
そのときにこっそりと生活費の補填としてお金をキャッシングしたことです。
当時は借金することに対して抵抗がものすごいあったんですけど、それでも
借りないとやっていけないからということで仕方なく借りてしまいました。
しかし、一度借りてしまうと、その次からの借り入れのハードルががくっと下がってしまうんですよね。
そのときに借りたお金をなんとか返済できて、借りても返済できれば問題ないって
自分を正当化してしまい、また困ったときに借りては返し、そのうちに
それほど困っていないのに借りて、その借りたお金でプチ贅沢をしてしまったことがほんとうに良くなかった…。
いえ、普通の人から見たら、たぶん、全く贅沢でもなんでもなく超ふつうなことかも
しれませんが、すごく久しぶりにそのお金で美容院にいったんですね。
そうしたら次から次へと少しくらい…これくらい普通だし…と今まで我慢していたことが
我慢できなくなり、お金を借りる頻度がどんどんあがり、やがて限度額いっぱいにまで借りきってしまいました。
もうお金を借りることはできないのに、もう節約貧乏生活に戻れなくなっていた私は
ついつい闇金に手をだしてしまいました。
闇金は怖いとは聞きますが、それでも、テレビなどが誇張していってることだろうと
高をくくっていたのですが、本当に高い利息がかかり、もともとカツカツの生活を
していた私にはただたんに返済をするだけでも至難の業で、すぐに返済を滞納してしまうようになりました。
そうすると、すかさず取り立て…家にまで押しかけてくるので、夫にバレてしまいました。
夫は頑張って働いてくれるのだし、お金が足りない、借金するしかないと
夫に言うのはなんだか可哀想…そう思って、最初の借金をするときから
一切、夫にはお金を借りていることを知らせていなかったので、
夫にとってはまさに寝耳に水の状態でしょう。
おまけに普通の借金でもよくないのによりにもよって闇金にまで手を出しているなんて
許せないと夫に言われて、私の胸にグサリと突き刺さってしまいました。
夫に配慮していたつもりでいた私は彼を裏切ってしまっていたんですね。
本当に甘い考えでした…私のやっていたことで、どこか心の隅で
「お金で苦労かけてすまないね」って夫が言ってくれるのでは?と期待していたんです。
しかし、現実はそうではなく、夫は離婚をも口にしだしました。
それだけは嫌だと言っても弁護士に相談に行くと言ってききません。
借金をしたことが原因で離婚という申立てなら、私の同意などなくても
離婚可能ということを知って完全におびえています。